自分で行うお手入れは丁寧に!

メガネの汚れを落とすのは水と洗剤

メガネのレンズに汚れがついている時、さっと乾拭きしてしまう人も多いかもしれません。確かに乾拭きでも汚れは落ち、クリアな視界を保てるようになりますが、実は乾拭きは細かい傷をレンズにつけてしまうためNGです。汚れを落とすには、まず水道水で軽く流す事がポイントとなります。ちなみにお湯の方が汚れが落ちやすいイメージがありますが、お湯は被膜にダメージを与えてしまうため避けなければいけません。ただ皮脂汚れやファンデーションの汚れなどは水だけ落とすのは難しいため、頑固な汚れには中性洗剤を活用します。片面につき1滴程度で十分であり、指で擦り洗いをしてから再び水で洗い流します。また洗剤に関しては、アルカリ性や弱アルカリ性の洗剤ではなく、台所用の中性洗剤を選ぶようにします。

最後の仕上げにメガネクリーナー

水と中性洗剤で軽く洗った後は、吸水性のある柔らかいタオルやガーゼで水気を拭き取ります。ティッシュペーパーでも問題ありません。レンズにばかり集中していると忘れがちになるのがフレームやレンズの溝部分ですが、隅々まで丁寧に拭いて、汚れが落とせているか最終チェックします。 そして最後に登場するのがメガネクリーナーです。親指と人差し指でレンズを挟み、クリーナーが細部まで行き渡るよう伸ばしていきます。満遍なくクリーナーを塗布した後は、ティッシュペーパーを軽く押し当てて拭き取り、メガネ拭きを使ってレンズとフレームを磨き上げます。クリーナーはスプレータイプや点滴タイプなど色々種類がありますが、日常のお手入れに用いると頑固な汚れも簡単に落ち、さらにメガネを長く使えるようになるため、持っていると便利です。

眼鏡は主に視力矯正のために使用されます。視力矯正以外にも日差しから目を守るサングラスや、レンズに度が入っていないオシャレアイテムとして販売されているものもあります。