フレームが緩い!サイズが合わなくなってくる

フレームが緩くなってくる原因とは!?

メガネを買ったばかりの頃は快適に過ごせていますが、しばらく使っているとメガネがずり落ちやすくなってきたり、左右のかけ心地が違ったりしてくることがありますよね。

その原因はいくつか考えられますが、多いことの1つにメガネのテンプル部分の開きが考えられます。テンプル部分とは、メガネを折りたたむ部分のことです。ここが、開き過ぎることにより、かけ心地に不快感が生まれます。メガネのかけ外しの時には必ず動かすところになりますので、劣化が進むことも仕方がないでしょう。またテンプルとレンズの角の部分の金具の劣化も原因とされる場合があります。汗などで汚れが付着したままになっている場合や、年数によりネジなどが緩んでくることが原因です。
このような不快感が生じた時にはテンプル部分や角の金具部分を疑って対処してみるといいですよ。

フレームが緩くならない方法・対処法

長年メガネを使っていると、劣化は必ずおとずれ、フレームが緩くなってしまうことは仕方のないことかもしれません。ですが、その頻度が早い場合には使い方に問題がある場合があります。

メガネをかけ外す時には、左右の手でメガネのテンプル部分を持ち、耳部分から真っすぐ上に持ち上げることが大切です。またメガネを閉じる場合にはだいたい左から倒してメガネをたたみます。これを気を付けるだけで、メガネの持ちがだいぶ変わりますよ。

しかし、どうしても緩くなった場合には、市販のテンプル部分につけるメガネパッドを用いる方法や、メガネ用のドライバーで角の部分の金具を締めるという方法もあります。ですが、締めすぎても良いバランスにならない場合がありますので、その場合には専門店に行くことをお勧めします。個人では難しい、テンプルを曲げて対処してくれるなど、専門店ならではの対応があります。信頼出来る店舗を見つけておくことも大切ですね。

めがねは、視力の補正や目を保護する目的で使用する器具です。ファッション目的で用いられることも多いです。